びっくりだよ

火曜日、villagerの役でガツガツ、自分なりにあてられた台詞を表現していたら
他の台詞もどんどん私に回ってきて、もしかしたらあのシーンの村人役
(5人くらいだったかな)で一番台詞指定されたかもしれない。

最初に指定された台詞を発したら、クラス中大爆笑になって、Nancyも満足顔だった。
でも、私はとにかく突然台詞指定されても、口が回らないから必死だし
(nativeだったら普通に言えることだからね)、嬉しくなる余裕もなくて、
何も考えずにやってた。ああいう時けっこう集中力あるのかな。うん、そうかも。
本当に何も考えてなかったもん。(ただ思考が停止してだけ??)

シーンとしては、村人が主人公の女の子Anatouを追い出そうとするシーン。

Mamma Mia!のオーディションで初めてRosieをやったときに近い爆笑だったような気がする。
くせ者ばあさん風(イメージ:75歳)にやってたら、台詞発するごとにみんなウケテタ。
多分Mamma Mia!のクラスメイトがみたらRosieそのものかも。アハ。恥ずかしい限りです。

今まではmovementで注意を向けてもらうことはあっても
私の発する台詞であんなに大うけになるなんて初めてだったなぁ。

今回役名があるキャラクター(人間)が5つか6つあってメインパート以外のキャストは
emsembleとして、私もそこに名前が入ってた。
今日、授業が始まってすぐ何人かのキャストのみ残るように言われて
何故か私の名前も呼ばれ、何かと思ったら
to be announcedとして指定されていなかったbeaver、fox、ermineのermineに
なることがわかった。台詞はさほどないにしても他のキャストがいる中でNorikoをセレクトしたんだと思ったら、お、こりゃ頑張らねばなと思いましたさ。

前quarterのA Christmas Carolのクラスのオーディションは
2、3分readingするのみで全キャストが決まってた。
正直いって、quarter中、何も自分を見てもらって気もしなかったし
自分出す機会もなくてつまらなかったけど
これも英語ができないからしょうがないと思ってた。(実際そうだし)

でもNancyは1ヶ月間くらいかけてじっくりオーディションして
多分使い方違うと思うけど、私をexploreしてくれて感謝。
動物の役は難しいけど、体当たりでやるしかないな、こりゃ。

 (ただ!
 ”Nothing harm it."とか"Far from men."とか発音に関しては
  ermineの台詞は私にとってはとても難しいんだよね。あぁ・・・)
[PR]
by kurikokiroku | 2005-02-25 16:04 | Uncategorized もろもろ
<< 1st through 本番ま... YOGA >>