カテゴリ:Uncategorized もろもろ( 59 )

Cyndy's Birthday

Cyndyの誕生日をこうやってお祝いできてよかった。入寮したばっかりの9月にImaniの誕生日をお祝いしたときはカードとスカーフをプレゼントしたけど、まだお互いを全然知らなかったし、みんなでお祝いっていうのはできなかったから。Katyが3月に引っ越してきてから、なんだかみんな前よりもリラックスしているように感じる。CyndyとKariは本当の姉妹のようだし。

Hawaii出身のKatyは、今もHawaiiの航空会社のreservation sectionで働いていて14歳のsonもいるんだけど、このspring quarterを終えれば卒業できるので、Haywardに戻ってきて学生生活をしている。基本的には毎日代理の人を探しているんだけど、明日は代理が見つからなかったようで、急遽Hawaiiに帰って今日は一緒にお祝いできなかった。(でも、Hawaiiに帰ってたとは全く知らなかった。どうやら私はCyndyとKatyが話している時、聞き取れていなかった様子。ハハ・・(汗))

このテーブルの飾りも全部Kariが私が知らぬ間にやっていて、私はCandle立てて27本あるか数えただけ・・・。ホントKariには感謝。

Kariが入寮前のrequest formに26才以上のroommateを希望したから、こうやって集まった私たち。考えてみたら私がこの部屋で一番年下なんだわ。(Cyndyが私よりお姉さんだなんて信じられん・・・(笑))
c0033158_1471366.jpg

[PR]
by kurikokiroku | 2005-05-05 14:08 | Uncategorized もろもろ

favorite trees

My favorite trees on campus, for a change :)
c0033158_6584996.jpg

c0033158_659181.jpg

[PR]
by kurikokiroku | 2005-05-04 06:49 | Uncategorized もろもろ

公演中です

とりあえず画像だけ。
今日は2時&8時公演。明日は2時公演のみ。

We can check what is going on on stage through a monitor TV.
c0033158_18152029.jpg

At Green room.
c0033158_18152783.jpg

c0033158_18154038.jpg

c0033158_18155732.jpg

あ!!!
c0033158_1822580.jpg

Amy and Carla came over to my place during a 4-hour break.
c0033158_1822407.jpg

c0033158_18224651.jpg

[PR]
by kurikokiroku | 2005-05-01 18:24 | Uncategorized もろもろ

What a pretty day !

c0033158_16514078.jpg

at Music/Business Building. (Apr. 28th)
[PR]
by kurikokiroku | 2005-04-29 16:52 | Uncategorized もろもろ

公演3日目makeup (April 21st)

共演者のCarlaがいつもmakeupしてくれてます。公演中も自分のシーンの間他の授業のテスト勉強しだすマイペースCarla。いつも「おいおい」と思いながら見ています。3ヶ月間殆ど話したこと無かったのに、このクラス、どう思う??って話をしたのを機に話すように。(でも何故かこのクラスではなんだか緊張しているせいか、ホーントに片言しか話せない。本気でしゃれにならない!)makeupされ中。
c0033158_1118788.jpg

c0033158_11362041.jpg

ちなみに舞台裏。フラッシュたけないし、うまくとれてないとは思うけど。
こんなところで勉強できるCarla、ある意味すごい。立ってるのはAmy。
c0033158_1157189.jpg

Wood God役の子。
c0033158_11182998.jpg

Fox役の子。
c0033158_11194644.jpg

[PR]
by kurikokiroku | 2005-04-24 11:22 | Uncategorized もろもろ

桜祭とエイミーとの休日

Brian's koto play in Japantown. He is my next door neighbor.

Koto & Jazz.
c0033158_810122.jpg

c0033158_85781.jpg


San Pablo Bay
c0033158_803257.jpg

At Amy's patio (まるでグラビア)
c0033158_14455374.jpg

[PR]
by kurikokiroku | 2005-04-18 17:13 | Uncategorized もろもろ

at Melody's most favorite spot on campus

c0033158_15171642.jpg

Thank you for giving me a tour for your favorite spot on campus, Mel!!
[PR]
by kurikokiroku | 2005-04-16 15:16 | Uncategorized もろもろ

公演2日目のヒトリゴト

火曜日は台詞忘れ恐怖症ばかり感じてたけど、村人がこぞってAnatouを責め立てるシーンで、これまた村人こぞって5ラインくらいskipしても結局スムーズに話が進んだことから、逆に変なプレッシャーがなくなって、今日は割とリラックスして臨めた気がする。(いいきっかけではないのは承知であります。)

大学2年の春公演の時(98年春、武蔵、慶応、立教、埼大、獨協の5大学で競った30分位の英語劇コンテスト。あぁ、ナツカシイ!!あれから7年もたってるなんて!!)台詞が飛んで4.5秒フリーズした経験以来、7年たった今でも本番になると台詞の心配ばかり先行してなんだかいつも舞台を楽しめないのよね・・・。結局は「本番に弱い」だけなんだけど。

1日2回公演は12月のクリスマスキャロルの時も経験済みだったけど、ほんと相当なエネルギーが要るんだなと再実感。役者さんって精神的にも身体的にもタフじゃないとできない仕事なのね・・・5月10日の最後の公演まで健康でいなくては!というプレッシャーを無意識に感じてる自分に気づくが、fluにかかって以来ガクンと体力がなくなっているので、ちょびっと辛いです。

今こそ一つ一つのシーンをみんなでread throughして、物語の流れ自体をもう一度確認するべき時だなと、readingの必要性をひしひし感じてる。

directorのNancyが"It is pretty good"といっているのが信じられない。もっともっと求めてくる人だと思ってたけど、本当に満足しているのか本当のところはどうなんだろう。

run throughでも全く私に対するコメントがなかったから、"What do you think of my part?”って訊きに行ったら"You are good."のみだった。確かに他の村人よりはいいとは思うけど(!!すみません・・・)英語だって本当にクリアに聞き取れてるんだろうか。
もっと求めて欲しい!でも、前も触れたけどキャスト間のアドバイス、注文のつけあいが
あまりないこちらのリハーサルはアプローチの仕方がとても難しい。

今日うれしかったことは、Choreographer兼solo dancerとしてるAmyから、stage crewとして参加してるclassmateが私の村人演技を気に入ってくれてると聞いたこと。直接褒めてくれるよりもうれしかったなぁ。なんせこちらで直接褒められてもアメリカの人たちは概して「褒め上手」だからひねくれものの私はdoubtしてしまうのよ。

Amyはmodern danceの授業を薦めてくれた人。授業が始まった1月当初から一番話しやすくて、彼女の天然ボケキャラには何度も助けられている。

言葉が通じなくても、なんだか心地いい人と、どうしてもそうでない人がいるって、結局「相性」だし、相手がどれだけこちらを受け止めようとしてくれてるかだと思う。Amyは意識的に私に親切にしようとしているのではなくて彼女の人柄自体がとても暖かくて、マイペースな人だからこそこちらもやりやすい。

彼女と土曜日ダンス公演を一緒に観にいく予定。modern danceをとっている私と同様彼女もJazz danceの授業をとっていて、paperを書かなくてはならないのだそう。

あと、主人公Anatou演じるHelenがUrlaine出身って知った。Helenは11年前にアメリカに両親と移住してきたそうだ。"I thought you were American!"といったら、" Yeah, I act like an American. But I am Ukrainian. " といっていた。「こちらにきてどれくらいなの?」と訊かれ"About seven months"と答えたら”That's nothing!!"ともいっていた。
移民してきた人たちや留学何年目の子からよく「1年目はとにかく何もわからなかった」って聞くけど、いやいや、2年目のない私はそんなこといってられないんだ。

それにしても英語が彼女のsecond languageだったなんて。「私の話したことでもしわからないことがあったら何でも質問して。9才の時こっちにきて、経験者だから気持ちすごくわかるから。」と言ってくれた。もっと早く色々話しておけばよかったけど、遅ればせながら少しずつこの公演クラスを楽しんできてる次第。
[PR]
by kurikokiroku | 2005-04-15 16:56 | Uncategorized もろもろ

The Ice Wolf 明日から公演スタート

We will start performing from tomorrow through May 10th, every morning on Tuesdays and Thursdays. Our audience is made up of school children in the neighborhood. The children will come by school bus. Our public performances are on April 30th and May 1st. I can't believe we will start performing tomorrow! What a relaxing night it is! We didn't have to gather tonight. Is it the night before the performance?? I feel we should have practiced more to improve. It is depressing for me to see people being so easygoing. I hate that kind of atmosphere. But I didn't do anything to make it better. It is so sad. Anyway, I hope we will do well and the children will enjoy our show. These pictures are from A Christmas Carol last year. ☆
c0033158_14592720.jpg

The children asked some cast members for their autographs. 
Davidはいい人だったなぁ。公演2週間前くらいに助っ人キャストとして登場し公演1週間を通して舞台そでで少し話ができてうれしかったし、ちょっとしたシーンで共演もできたのが小さな幸せだったな。3秒位の瞬間演技だったけど。舞台ディレクターをやっていたり、演劇の授業も持っている人。こっちのリハーサルは「あんたはあんたの役を責任持ってやって」ってスタンスで相乗効果とかが全く感じられなくて、お互いにキャスト同士で求め合わないとどうしても舞台自体がscatteredになるよね、これってアメリカンウェイだと思う?っと聞いたら私の言いたいことを理解してくれて、「残念ながらそうだね」と言っていた。レストランを経営したり、パートタイムで
auto repairをしたりしながらドラマに携わっている。彼が「演劇って言うものはとても小さい世界で”現実について”ではあるが”現実”ではない。だから他の自分の世界をもつことは自分にとってすごく大切なことなんだ」って言ってたなぁ。
c0033158_152649.jpg

at a greenroom 1
c0033158_15255251.jpg

at a greenroom 2
c0033158_1459924.jpg

He shaved his hair for this play. He is working as a stage crew for the Ice Wolf. 彼、最初は私に"hi"さえもいってくれなくて、概して他の人もフレンドリーじゃないので
リハーサル中は終始孤独だった。公演クラス2回目で考えてみたらだいぶ慣れたんだなぁ。
(孤独に!?)
c0033158_15404893.jpg

みんな仲よさそうだよね・・・(毒)
[PR]
by kurikokiroku | 2005-04-12 15:10 | Uncategorized もろもろ

Roomies! Part 2 / Cynthia 

Cynthia。私と同じ26歳。Cyndyがニックネーム。thが難しい私は助かってます。Fresno, California出身。art major。日本アニメ大好きっこ。私がTA(Teaching assistant)をしている日本語の授業も履修中。

正直入寮当時はいわゆる典型的JAPAN漫画オタクのCynthiaにはまいってた。枕が遊戯王だったり、土曜の朝になるとカーテンもあけずに暗闇の中でアニメをかじりつくようにみていたりするのは申し訳ないけどぞっとした。

全く片付けのできなかったり、時々場の雰囲気が全く読めず自分のことを話す続けてとまらなかったりするCynthiaはちょっと困ったチャンだけど、Art Major の”artist”であり、”Forever child”だからという理解の上で生活すると、彼女なりの優しさと可愛さが見えてきたりするもの。

512号室でyoungest sisterはCyinthiaだと話してKariと笑ってたりする。

c0033158_1538974.jpg

Halloween Partyのため正装のCynthia。勝負服ってとこかな。洗面所にて。
c0033158_1539572.jpg

いつものパジャマCynthia。kitchenにて。
c0033158_15501699.jpg

Imaniお別れ会の時のCynthia。BedroomをシェアしているKariともナイスコンビだし良かった良かった。

今度アーティストCynthiaの作品をご紹介いたします。
[PR]
by kurikokiroku | 2005-04-10 16:14 | Uncategorized もろもろ